2015年 6月 の投稿一覧

地代が不相当になる要件

住まい

地代の不相当性を認定する際の要件として一般的に考慮されるのは以下の通りです。

1.前回の地代決定以来相当の期間を経過していること
 営業用の借地は3年から5年。住宅用の借地については5年から7年程度をめどにするのが適当である説がある。

続きを読む

サボテンの花

サボテンの花が大きく咲きました。 弊社のビルの5階の会社さんが管理しているサボテンです。 この花は1日ないし2日すればしぼんでしまいます。 サボテンの花を咲かせる条件は、 ①日光によく当て、適度に水を与えること ②休眠期には水やりを控えて休ませること これだけだそうです。

映画「あん」

とてもいい映画でした。 元ハンセン病患者を演じる老女(樹木希林)がつくるおいしい粒あんを介して展開する どら焼き店の店主と店を訪ねる女子中学生との人間模様は見ごたえがありました。 樹木希林さんという女優さんは、すごい円熟した演技はすごいですね。 昔、松本清張著「砂の器」の映画を見たときの頃を思い出しながら、涙を流す場合がありました。 1434006559857

同族間売買

不動産売買

同族間の不動産の売買で一番気を付けなければならない事といえば、

低額譲受、低額譲渡でしょう。

特に親子間、同族間等の不動産の売買等において、恣意的になりがちですが、

低額譲受、低額譲渡にならないようにしましょう。

続きを読む

賃料の鑑定依頼

賃料

賃料増減額請求をなすためには、従前の合意賃料がその後の経済事情の変動等の事情の変更により不相当となっていることが必要です。

不相当性を判断するための要素は、条文では、

(1)土地建物に対する租税その他の負担の増減
(2)土地建物の価格の上昇低下その他の経済事情の変動
(3)近傍類似の建物の賃料との比較

があげられているところ、さらに、これらに限られず、

(4)その他の事情

もあわせて総合的に考慮され、賃料が不相当であるかどうか判断されます。

続きを読む

広大地評価・判定の依頼と書籍

広大地評価・判定の実務

手前みそですが、アマゾンのHPで、広大地(こうだいち)の私の本「広大地評価・判定の実務」

が売れているそうです。

ええ!新刊書を出して、もう1年になるのに、今でも売れている。。。

私としてはとてもうれしい反面、広大地の本で、広大地の内容を理解し、広大地を判定

する「ものさし」となる本が少ないのも、事実かもしれません。

続きを読む

老松町界隈、古美術、骨董街

弊社のごく近くは、大阪を代表する古美術・骨董街が集まった街です。 昼間、食事を終えてこの界隈を歩きながら古陶磁器、骨董などを見て歩くことが多くあります。 この界隈には約50前後の古美術・骨董を扱うお店が所狭しと並んでいます。 この界隈はごく限られた地区で大阪市北区西天満4丁目一帯(大阪地方裁判所の北側で国道1号線までの狭い範囲です)です。 老松町のHP→ (http://www.oimatsu-cho.gr.jp/IMG_0601 IMG_0597   map20150421  

市街化調整区域内の土地~広大地に該当するか否か

市街化調整区域

市街化調整区域内の宅地が広大地に該当するかどうかについては、各例指定区域内の宅地であり、都道府県の条例の内容によって、戸建分譲を目的とした開発行為を行うことができる場合には、広大地に該当します。

しかし、それ以外の区域内に存するものについては、広大地に該当しません。

続きを読む