2016年 6月 の投稿一覧

特別な事情と不動産鑑定

ある不動産について、不動産鑑定により時価を評価する場合には、

不動産鑑定による評価額をもって、直ちに当該不動産の時価と判断することが相当と判断できる可能性があるものを例示すれば、下記の通りです。

続きを読む

相続税還付

相続税の申告の実状を知ることは、大切なことだと思っています。

平成26年に全国で発生した相続発生件数は1,273,020人です(概数)。

そのうち相続税が発生する被相続人の数は56,239人(約4.4%)でした。

続きを読む

平成26年度査察の概要について

国税庁によれば平成26年度において査察に着手した件数は194件でした。

このHPをご覧いただいておられる方々にとって、なぜ査察の内容について掲載するのか疑問に思われるかもしれません。

「道は無限にある」(PHP出版、松下幸之助著)に下記の内容が掲載されていたので抜書きいたします。

続きを読む

戸建て住宅、メーカー、業界勢力図

広大地評価において、戸建て住宅を建てることが最有効使用であって、開発を行って公共公益的施設が発生する場合は、広大地として評価できますとお伝えしていますが、戸建て住宅業界の業界地図(会社四季報2016年版)によれば、大和ハウス工業、積水ハウス、飯田グループホールディングス等が掲載されています。

続きを読む

市街地山林について 宅地への転用が見込める場合とは…

評価通達491市街地山林の評価)は、

市街地山林の価額は、その山林が宅地であるとした場合の1㎡当たりの価額から

その山林を宅地に転用する場合において通常必要と認められる1㎡当たりの造成費に相当する金額として、整地、土盛り又は土止めに要する費用の額がおおむね同一と認められる地域ごとに国税局長の定める金額を控除した金額に、

その山林の地積を乗じて計算した金額によって評価する旨定めています。

続きを読む

遺言書に花押は無効!

相続でもめないためにつくった自筆の遺言書が有効か否かで最高裁まで争いになった事案があります。

遺言書に押す印は、花押は無効だとする上告審判決です。

日本経済新聞(平成26年6月4日)の内容は下記の通りです。

続きを読む