2016年 7月 の投稿一覧

不動産鑑定の効果

不動産鑑定をご依頼いただいて、その効果が表れるのは、公正な不動産に対する時価判断であり、それを書類にまとめあげた鑑定書に基づく価格の提示による価格交渉等に大きな効果があります。

続きを読む

特別な事情と不動産鑑定による時価

本来、相続財産は、相続財産基本通達に定められた評価方式によって評価すべきですが、不動産特に土地は個別性が強く、実質的な税負担が不平等になってしまうことがあります

即ち正しい時価が算出されず不平等になってしまうケースがあります。

たとえば下記の裁決事例(平成25年5月28日裁決)があります。

続きを読む

アパート空室率 急上昇!!

相続税対策として効果が高いと言われるアパート建設ですが、

これも、入居者がいっぱい入居して頂いてこそのビジネスであり、かつまた相続税対策です。

相続人の方々がいっせいにアパート建設をされれば、地域のアパートがいっぱい建ってしまい、

アパートの空室が多くなったという記事が日本経済新聞(H28.6.1)にありました。

続きを読む

食べなきゃ治る糖尿病!!

「糖尿病は治らない。三食食べなさい」とよく言われるそうですが、「月刊ザ・フナイ5月号」に「食べなきゃ治る糖尿病 2千万人がだまされた!」という記事がありました。その記事の著者は「食べなきゃ治る糖尿病(三五館 舩瀬俊介著)という本を書いた先生で、記事を読んでみて、興味がわいてきたので、要点を書いてみました。

続きを読む

広大地・不動産の専門家の意見またはセカンド・オピニオンによる確認

広大地の判定をするにあたって、たいてい判断に迷う場合があります。

マンション等適地なのか、広大な土地に該当するのか悩ましく、とてもグレーゾーンにあって迷った場合には、他の専門家(不動産鑑定士等)やセカンド・オピニオン等の意見を求めることも検討しましょう。

そして、常に最新の情報を把握することです。

続きを読む