広大地評価

広大地判定の意見書依頼について

広大地の意見書

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

・相続税申告の依頼を受けた、500㎡以上の土地がたくさんあるのは確認できたが、まだ現地もいけていない。 続きを読む

相続KOBAKANレターについて

いつもお世話になっております。

弊社では、小林と名刺交換させていただいた方々等に、ほぼ毎月『相続KOBAKANレター』及び『KOBAKANニュース』というメールマガジンをお送りしております。

続きを読む

本件土地の敷地内に調整池がある場合、本件土地(宅地)と調整池は別々に評価するべきか否か

評価通達7(土地の評価上の区分)は、

土地の価額は、次に掲げる地目の別に評価する。ただし、一体として利用されている一団の土地が2以上の地目からなる場合には、その一団の土地は、そのうちの主たる地目からなるものとして、その一団の土地ごとに評価するものとする。

(1)宅地 続きを読む

広大地・不動産の専門家の意見またはセカンド・オピニオンによる確認

広大地の判定をするにあたって、たいてい判断に迷う場合があります。

マンション等適地なのか、広大な土地に該当するのか悩ましく、とてもグレーゾーンにあって迷った場合には、他の専門家(不動産鑑定士等)やセカンド・オピニオン等の意見を求めることも検討しましょう。

そして、常に最新の情報を把握することです。

続きを読む