アプレイザル総研の社長ブログ

書籍出版のご案内

小林穂積2冊目の著書

「広大地評価の重要裁決事例集」(相続税の更正の請求・期限内申告の必携書)(株式会社プログレス刊)

を平成29年12月中旬に発売することになりました。

出版に先立ち、11月23日(木・祝)日本経済新聞朝刊(全国版)の表紙(1ページ)下段に広告されることが決まりました。

本書は国税不服審判所のHPに掲載されている広大地の公開・非公開事例(争点約100)を要約し、

私(小林)のコメントを書き添えたものです。

是非ともお読みいただければ幸いです。

定価7,500円(消費税別)

健康寿命

健康で長生きをしたい、というのは誰でも望む事ですが、5つの項目を注意しながら生活すれば健康寿命が延びるという新聞記事(2017年7月25日・日本経済新聞)がありましたので掲載しました。

続きを読む

夏季休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

弊社では、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。

平成29年8月11日(金)~8月20日(日)

お電話・メール等の返信は8月21日(月)以降となりますので、お急ぎのご用件は早めにご連絡くださいませ。

また、夏季休業後のご返信のご連絡先・ご用件等はメール(info@erea-office.com)を頂ければ幸いです。

期間中は何かとご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承 のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

サボテン

階段の踊り場のサボテンにいっぱいの子サボテンがつらなっています。

続きを読む

セミナー講師のご依頼をお受けいたしました

税理士先生のグループ勉強会において、「広大地」をテーマに話をしてほしいというお話を賜りました。

来年1月1日から税制改正で広大地評価が見直しされるということで、広大地が注目を集めていますので、「広大地」のテーマになったようです。

広大地評価の判定の実務をしていて思うに、広大地を適用するか否かでこれほど税額に影響する項目はないのではないかと思います。

又一方では「その地域」は時代と共に変化していますので、その変化を把握し、コンパクトに広大地に反映させるにはすこし時間と労力がかかります。

このような状況の案件を広大地として評価しようとすればリスクが伴います。

そのリスクを誰がとるのかが問題になる場合もあろうかと思います。

今回の税制改正で上記のリスクが少なくなることを期待したいと思います。