ガソリンスタンドの敷地は、借地法の適用可能か!

ガソリンスタンドの経営を目的とする土地の賃貸借契約について、建物所有の目的を認めた事例(東京地判平4・3・31判時1487・67)について述べます。

本件は、ガソリンスタンドの給油場等の明渡しが争われた事例である。
ガソリンスタンドの経営を目的とする土地の賃貸借契約に、建物所有の目的が認められるかが争点となった。

裁判所は、

1.ガソリンスタンドの経営を目的として土地を賃借すると
いうことは、当然にそのために必要となる店舗や事務所等を建てる
ことを意味するものであり、賃貸人もガソリンスタンド経営のために
土地に鉄筋コンクリート造の建物を建てることを了承していたこと、

2.現在、土地には堅固な建物である本件建物が建てられており、
被告はその1、2階部分を区分所有し、また、被告は、その後ポンプ
室を建ててこれを使用していること、

3.本件建物の1階部分及び2階部分はそれぞれ店舗及び事務所として
使用されており、右は被告のガソリンスタンドの経営上必要不可欠
なものであって、決して付属的なものとはいえないこと、

4.本件土地には地下貯蔵像も設置されていること等から、本件土地
賃貸借について、「建物所有の目的」を認めた

賃借権が建物所有目的と認められるためには、それが賃貸借契約に
おける主たる目的でなければならないとされる。本判決は、ガソリン
スタンドの経営を目的とする借地について、これを認めたものである。

上記内容は下記から引用しました。
(「駐車場・資材置場・一時使用・使用貸借の契約実務」
新日本法規出版刊)

 

 

 

お問合せはこちらをクリック