相続1000兆円時代~資産把握や遺言づくり!!

団塊の世代の高齢化に伴い、相続ビジネスが注目されています。

日本経済新聞(2017.8.10)によれば相続争いが後を絶たず、金融業界では遺言作成や遺産の配分等で信託ビジネスに脚光が当たっているという記事がありましたので、掲載します。

****************

家庭裁判所には相続をめぐり、年10万件を超す相談が寄せられる。

親兄弟でも遺産の配分に対する不満が噴出し、「争続」になるケースが後を絶たない。金融業界では、こうした事態を防ぐニーズがあるとして、遺言づくりや遺産の配分などを代行する信託ビジネスに脚光が当たっている。

信託協会によると、2016年度の遺産整理の取扱件数は5186件と10年前から76%増えた。

遺言書の保管件数は11万8315件で同2倍だ。

日本経済新聞(2017.8.10)