広大地判定の意見書作成、土地の評価、不動産の見直しによる相続税還付なら、成功実績多数の不動産鑑定士へ

ニュースレター

  • HOME »
  • ニュースレター

KOBAKANニュース97号

1.「生産緑地」2022年期限、都市農地維持・税優遇へ!! 農林水産省と国土交通省は、都市部の農地「生産緑地」を維持するための対策に乗り出す。地主の相続税を猶予したり、硬直的な土地の貸し借りの仕組みを柔軟にしたりして、企 …

相続KOBAKANレター76号

本件各土地は、開発にあたって公共公益的施設用地の負担が必要な土地なので、広大地の適用はあるとした事例 (関東信越・公開、平成28年2月29日裁決) 1.本件各土地の概要 (1)本件1土地 本件1土地は、幅員約16mの市道 …

相続KOBAKANレター75号

神社の敷地として利用されている土地は、低額な賃貸料ながら他の用途への転換も事実上難しい土地は、使用制限がある土地として評価すべきだ、とした事例(関信・非公開・平成19年6月22日裁決) 1.本件土地の概要 本件土地は、本 …

神社の敷地

KOBAKANニュース96号

1.景気回復、バブル期超え人材不足、賃金伸び悩み、経済財政白書 石原経済財政相は7月21日午前の閣議に、2017年度の年次経済財政報告(経済財政白書)を提出した。現在の景気回復基調が「バブル期を超え、戦後3番目の長さにな …

相続KOBAKANレター74号

本件相続開始前10年間において道路開設した事例はなく大半は路地状開発であることから、本件仮換地は同通達に定める広大地に該当しないとした事例(関裁(諸)平27第23号 平成27年12月15日裁決)

KOBAKANニュース95号

路線価、27都市で伸び、物流施設増加が後押し! 17年分の路線価は全国平均で2年連続の上昇。日本一の東京都中央区銀座5の「鳩居堂」前は過去最高だったバブル直後(1992年)の価格を上回った。都心だけでなく地方の中核都市にも上昇の波は及んでいる。

相続KOBAKANレター73号

使用貸借により付けられたA・B・E土地は、1画地として評価すべきか否が争われた事例 (東裁諸)平15第141号平成16年1月8日裁決) 1.本件各土地の概要 本件各土地は、本件相続開始日における利用状況は下記の通りである …

KOBAKANニュース94号

1.登記、50年以上変更がない土地、中小都市・中山間26%(法務省)! 法務省は6月6日、土地の所有権の移転手続きの相続登記に関する調査結果を発表した。50年以上登記の変更がない土地は、所有者ベースで大都市が6.6%、中 …

相続KOBAKANレター72号

本件土地は、開発行為を行うとした場合に公共公益的施設用地の負担が必要か否かについて、検討するまでもないとした事例(東裁(諸)平27第98号 平成28年2月18日裁決) 1.事例の概要 本件土地は■■■の約1,800mに位 …

KOBAKANニュース93号

1.マンション、都が旧耐震建築建て替え促す! 東京都は老朽化した分譲マンションの建て替え促進のため、容積率を緩和する。1981年5月までの「旧耐震基準」の建物が対象で、建て替え後の戸数を増やせるようにして民間デベロッパー …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.