広大地判定の意見書作成、土地の評価、不動産の見直しによる相続税還付なら、成功実績多数の不動産鑑定士へ

借地権の紛争解決

相続した不動産が借地権付き建物だった!どうしたらいいのか分からない?

主な実績

K・M様(借地権者・個人の方)よりいただいたメッセージ

借地権付き建物で悩む人20数年前から、借りている土地をめぐって、地主との間で争いが生じました。持ち主の祖父が高齢の為、孫の私が、地主の地代値上げ交渉に対して対処してきました。今回は、借地権付き建物という特殊な案件の鑑定を依頼するに当たり、どの鑑定士に依頼しようかと悩んでいました。 小林先生のHPは、見やすく、HPから借地権に強いという印象を持ったので、この人なら私の考えをうまく形にしてくれるかもしれないと思い、事務所にお伺いし、無料相談をして貰いました。

するととても、話がしやすく、調停中にもかかわらず、的確なアドバイスを頂き、この種の仕事に手慣れているなと感じました。そのため、相談をしているうちに、その場で仕事を依頼する事を決めました。

小林先生に安心して鑑定の仕事の依頼が出来たことに安堵しています。有難うございました。又、裁判で戦うに当たり、不動産に強い弁護士の先生を紹介していただき、思っていた以上に有利な展開になりました。相手方の鑑定書に対する的を得たコメントは裁判を有利に運ぶ上で大いに助かったと弁護士の先生から小林先生の感想を聞き仕事を頼んでよかったと胸を撫で下ろしております。

 

お問い合わせ
借地権・底地の評価で困ったことがありましたらいつでもご連絡下さいませ
0120-987-134
  • 平日9:00~20:00
  • 土日9:00~17:00

 

借地権の評価

今までの不動産鑑定士としての経験から言えることは、借地権の鑑定評価の依頼は、ほとんど、借地権付建物を底地である地主に売却するか、又は地主が底地を借地人に売却するに際して、付随的に借地権の評価を行う場合が大半でした。

借地権は、一般の不動産売買に比して取引件数はごく少なく、また借地契約の内容が物件ごとに異なり、価格も異なります。

又同族法人個人間の場合、相当地代と借地権の関係は、各々の事情が価格に反映されやすいという特徴があります。

又契約上の借地期間の残存期間や契約締結時に授受された一時金の多寡により経済価値が異なる結果、容易に借地権の適正な価格を算出することは難しい一面もあります。

借地権は土地の完全所有権に比べて弱い権利ですが、借地権者及び底地の所有者という当事者間においてはとても強い権利であり、なおざりにできないところであります。

したがって、新しく借地権を設定したり底地の所有者との間で借地権の取引を行おうとする場合には、1つの価値の指標として鑑定評価をうまく活用し、問題解決にあたることをお勧めいたします。

借地権とは、借地借家法に基づく借地権並びに旧借地法に基づく借地権をいい、底地とは、借地権の付着している宅地の所有権を言います。

不動産鑑定評価基準では、借地権の鑑定評価は、借地権の取引慣行の有無、その成熟の程度によって、借地権の価格は異なってきます。 又借地権を第三者間で売買を前提とするのか、借地契約当事者間での売買を前提にするのかで借地権の価格は、異なってくるものであることに注意すべきです。

このように借地権の価格は一律ではなく、その地域、契約の内容、その残存期間、当事者間等々によって大きく価格が異なってくるので、その時価を的確に求めるには不動産鑑定を活用することがとても効果的です。

弊社は借地権・底地の事案を数多く評価し、また適切なアドバイスを行い、ご依頼主に納得して頂く鑑定評価書を作成し、喜んで頂いております。適切で客観的な不動産鑑定士による鑑定評価が、当事者間の調整において一番納得が得られる方法ですので、不動産鑑定士をうまく活用し、問題解決にあたることをお勧めいたします。

弊社においては、ご依頼主との打合せにより鑑定評価書等を発行しない限りにおいて、原則無料にてご相談に応じております。したがってご依頼主のご意向とその効果が一致するか否かをご検討いただいたうえで、ご依頼主のご依頼をお受けしておりますので、安心して不動産鑑定・借地権・底地等に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお声をお掛けください。

お問合せ

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.