不動産、不動産鑑定

袋地とその対応について

全く他人の土地に囲まれた土地をお持ちのお客様がおられ、

その方の相談でその土地等と囲繞地(いにょうち)等を交換等をしたいという話です。

続きを読む

生産緑地が転機、2022年問題

新聞によると、現在の生産緑地は30年(2022年)経つと地主の営農義務が解除されて、土地の開発が進む反面、地価にも影響を及ぼすので、農林水産省と国土交通省が都市部の農地「生産緑地」を維持するための対策に乗り出したという記事がありましたので、記載します。

続きを読む